伝えたい!が先走ると相手は逃げてしまう [LP集客]

私には娘が二人います。

上の長女は、今年小学生を卒業です。

ママ友の話や本人との話し合いで、
卒業式には「袴」を着ることにしました。

購入時期が「年明け」と少し遅かったせいか、
お手頃で可愛いものはもう売り切れ続出💦

そんな中ようやく見つけた袴、
速攻購入!

購入できた安心感で、ものが届いてもしばらく放置。

卒業式まであと2ヶ月を切るあたりで、
ようやく開封。

すると、中身は「着物」と「袴」しか入っておらず、、

旦那の母は私の着物まで用意してくれる頼もしい存在。
急いで、旦那母に連絡し、下に着るものや付属はありますか?

と、話を持ちかけました。

今回購入したものは、小学生用!ということもあり、
サイズが大人用でもなく、はたまた子供用よりは大きく、
なかなか合う長襦袢が見つけられず。。

結果子供用の長襦袢を用意してもらい、それに合うように補正することに、、

丸一日かけて仕上げました。

そこで、できたものを、一言添えて義母に送ったのですが、
返ってきた内容が10倍の言葉。

ある意味10倍返しですね(笑)
これが日常ですし、いつものことなんですが、

ふと気づきました。

旦那は私の話をよく聞き流すし、プライベートでは多くを語らないのは
このせいかwと。


「これは言いたくなくなる」

(ディスっているわけではないので、誤解のないように..)

言葉とは、引き際が大事で、
思ったことを全部出すことは、
自分は気持ちが良いけど、相手はそうではない。

場合によってはむしろ敬遠されてしまう。

これってLPと一緒だなって思いました。

さらに、「諭し」が入ると、完全アウトです。

私ももう一度
「言葉の質」は大丈夫か?
「諭し」はないか?
を洗い直してみようと思います。




9歳差姉妹の母で、秋田の激うま米農家出身。
趣味はお酒と月一の長女との映画デート。
蟹とつぶ貝が大好きなキッチンドリンカーの主婦。

「ひらめき 」を大切に!
集客デザインプランナー

講師・webデザイナー:中村ハルミ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。